エイジングケアと40代の私

40代の私がエイジングケアをして、効果があるものないものを皆様に紹介していきたいと思っています。

お肌をたるませないマッサージ

年齢と共に、特にお肌は垂れてきます。どうしても時間の流れには勝てないわけですが、それに対抗するのが女というもの。
エイジングケアの基本は良い生活サイクルを繰り返すということです。
そのなかの方法の一つがマッサージを行うことになります。
マッサージは血流も筋肉にも良い刺激を与えてくれますから、毎日の習慣にすることができれば、
エイジングの近道に一歩踏み込むことができたと言っても過言ではないでしょう。
やはり普段の生活が美しさには重要なのです。

ストーブをつけながらエイジングケア

ストーブをつけながらのエイジングケアをすると肌が乾燥します。
乾燥してしまってはせっかくのケアが無駄になりますけれどもつけなければ寒いのです。
寒さを我慢してまでやるのは無理ですし体調も悪くなりそうですからストーブはつけたまましています。
つけたままでも効果的にエイジングケアをする方法があれば教えていただきたいのですがとブログに書いてみました。
さほど詳しいわけではありませんでしたがエイジングケアについて学んでいきたいです。

□たるみについてはコチラ
たるみにサヨナラ!リフトアップ・顔痩せにおすすめな化粧品

気持ちの面の若さも重要ですね

最近しみじみ思うのは、精神面のエイジングケアもとても大切だということです。
特別スキンケアを変えなくても、遣り甲斐や生き甲斐を見つけたとたんに活き活きし始めて、
何だかずっと若く見えるようになった人を私は何人か知っています。
結局、人間は肌の美しさやシワの有無だけではなくて、その人の動きとか表情とかオーラみたいなのから、
相手の年齢を感じ取っているのだと思います。
私も気持ちのエイジングケアについては強く意識していきたいところです。